税務会計組織のWeb戦略をサポートする

コラム

RSS

クラウド

コラムトップ

クラウドの種類と解説

Saasとは

SaasとはSoftware as a serviceの頭文字を取った略語でサースと読みます。直訳するとサービスとしてのソフトウェアという意味になります。

クラウドが注目されるようになるにつれ頻繁に聞かれる言葉になりました。平たく言うと「ソフトウェアをインターネット上で利用する」と言うことでクラウドサービスの一つとされています。

WebアプリもSaasとほぼ同意義で使われる言葉ですね。クラウド構想の本家GoogleではGmailやカレンダー、ドキュメント(Microsoft officeの様なソフト)など様々なSaasが提供されています。


Paasとは

PaasとはPlatform as a serviceの頭文字を取った略語でパースと読みます。

これはSaasを提供するための開発環境や課金代行するシステムをインターネット上で提供するクラウドサービスの一つです。

上記の例にも登場したGoogleのSaasにはドキュメントというMicrosoft officeとよく似たアプリケーションがありますがこのようなアプリを開発したり、既存のアプリケーションをSaas化するための開発環境を提供するオーサリングサービスや、アフェリエイトやリスティング広告のようにアカウント数や利用頻度に応じて課金を代行するサービスの事を言います。


Iaasとは

Iaasとは Infrastructure as a serviceの頭文字を取った略語でアイアースやイアースと読みます。

これは仮想インフラを提供するサービスで、ユーザー自身は特定のサーバーやストレージなどのハードウェアを持つ事なくインターネット上に必要に応じたOSやストレージ容量を選択してクラウド上に仮想サーバーを構築したりする事が出来るサービスです。

ハードウェアをインターネット上で提供する事からHaas( Hardware as a Service:ハース)と呼ばれる事もあります。

レンタルサーバーを使ってホームページを運営している人なら自分の運営しているサイト上でCGIを使ったサービスを提供したい時にサーバー側の制限でPerlやPHPを使う事が出来てもJavaはサポートされていないといった事を経験した人もいるかと思います。

解決方法としては自分でサーバーを構築するという手もありますが、もっと手軽にVPSと呼ばれる更に高機能な仮想サーバーをレンタル利用してJavaを使ったwebアプリなどを提供することができます。この仮想サーバーを提供するサービスなどは代表的なIaasとなります。


Daasとは

DaasとはDesktop as a serviceの頭文字を取った略語でダースと読みます。

これはデスクトップをクラウド上に構築してユーザーに提供するサービスです。似た様な技術にエミュレーションというのがあります。これはMacOSの中にウィンドウズ環境を構築するといった具合の技術です。

この場合にはエミューレーションを実行するためのアプリケーションが必要となりますが、Daasでは特定のエミュレーションアプリが無くてもインターネット上で好みのOSのデスクトップを再現出来るというサービスですね。