税務会計事務所から組織まで“予算で選べる"ホームページ構築サービス

TaxCloud HP FAQ

HPを構築したのですが検索結果に表示されないのですがどうすればいいですか?

FAQ トップ

検索エンジンは、「ロボット」と呼ぶ自動巡回システムを稼働させることで、日々誕生するウェブページ(ホームページ)を自動収集しています。

自動収集の方法は、

  • 【1】トップページの宣言に基いてリンクをたどってウェブページの存在を確認する
  • 【2】どこにウェブページがあるかを記述したリストを確認する
  • 【3】専用のサービスから申請のあったウェブページを確認する

上記3つの方法があるとされており、確認が完了したウェブページは検索結果に表示されるように検索サービスのデータベースに格納されることになります。

ちなみに、この格納されることを「インデクス」と言います。

さて、上記3つの方法でウェブページが確認できない場合には、Googleなどの検索エンジンは検索用データベースに格納することができないため、必然的にインデクスされることもありません。

つまり、インデクスされないということは、【検索結果に表示されない】ということになります。

【1】トップページに記述した宣言とは?

Googleなどの検索エンジンが巡回させているロボット(robot)の"受け入れ可否"をトップページのmeta情報に記述することで宣言できるようになっています。

meta情報の一例

<meta name="robots" content="noindex" />:インデクスの拒否
<meta name="robots" content="nofollow" />:下層ページのクロール拒否

稀にご相談を受けた際に見つかるのが、「巡回して欲しいにもかかわらず<noindex>または<nofollow>が記述されてしまっている」というものです。

拒否の記述をしている場合には、当然のことながらインデクスはされることはありませんので、まずはロボットの受入可否の設定がどのようになっているのかを確認するようにしてください。

なお、何も記述が無い場合には、巡回を「許可」したことと同義になるため問題はありません。


【2】どこにウェブページがあるかを記述したリストとは?

ウェブページ情報を記述したリストを公開することで、「ここに存在しているのでクロールしてください!」と伝えることが可能です。

seo-04-3.png
TaxCloudが設定しているsitemap.xml

このリストは、「xml」ファイルで作成する必要があり、一般的には「sitemap.xml」と命名され「サイトマップエックスエムエル」と呼称されます。

なお、xmlファイルを作成したら、HPのドメインのルート直下(TaxCloudの場合には「http://taxcloud.jp/この部分」)に配置し、専用のツールで申請をすることになります。

専用のツールについては、Googleが提供している『Googleウェブマスターツール』というサービスが有名です。


【2】専用のサービスからの申請とは?

seo-04-2.png

専用のサービス、前項で触れたGoogleが提供するサービス『Googleウェブマスターツール』です。

無料で利用可能となっており、ホームページのsitemap.xmlの更新・申請のほか、「どのキーワードで検索された場合に登録したHPが結果表示されているか」といった情報が閲覧できるようになっています。

  • ページ探しに困ったら
  • メールで問い合わせ
  • 導入事例
  • 資料請求

今すぐ問い合わせをしたい方はこちら 03-6384-7434 10:00~17:00 土日祝お休み コールセンターにてご希望条件等をお伺いさせていただいたあとに弊社営業担当者より折り返しご連絡させて頂きます。