税務会計事務所のクライアント獲得を支援

  • トップ
  • サービス概要
  • マーケティングプラン
  • 施策メニュー
  • ご契約の流れ
  • FAQ

TaxCloud Marketing FAQ

広告に関する質問

FAQトップ

対応可能な広告の種類を教えてください

リアル広告からリスティング広告、メルマガ広告等、ご要望にあわせてご提案が可能です。

なお、わかりやすいようにTaxCloudでは

  • リスティング広告
  • ネットワーク広告
  • リマーケティング広告

の3種類をメニュー化しています。

リスティング広告

リスティング広告は、GoogleやYahoo!といった検索エンジンの検索結果に表示する広告です。

インターネットユーザーが検索の際に入力したキーワードに基いて広告が表示されるため、【キーワード】でのユーザーターゲティングが可能です。

例えば、顧問契約できる税理士を探しているユーザーにターゲティングする場合には「顧問契約 税理士」の2語のキーワードで検索された際に広告を表示するよう広告枠を購入します。

この場合の購入額は、自分自身で価格を設定する入札制度になっており、入札額に応じて出稿した広告の表示位置が確認するようになっています。

ちなみに、Googleが提供するリスティング広告サービスは『Google Adwords(アドワーズ)』という名称で提供されており、アカウントの開設は無料となっています。


ネットワーク広告

Googleが提供する広告サービスに「Google Adsnese(アドセンス)」というものがあります。

Google Adsenseは、ウェブサイトの空き枠に広告を掲載できるサービスで、掲載した広告がクリックされた場合、ウェブサイト運営者は広告収入を得ることができるようになっています。

現在も含めて、これらは「ネット収入」といった形で新たな副業として話題にされることが多々ありますが、実はこの広告枠はGoogle側でネットワークされており、Google Adsenseの広告が貼られたウェブサイトのスペースに「Google Adwords」で出稿した広告が掲載できるようになっています。

リスティング広告では、あくまで検索結果に出稿した広告が表示されるサービスでしたが、ネットワーク広告ではGoogleが束ねるアドネットワークにまで広告展開が可能となっています。

リマーケティング広告

自分が保有するウェブサイトに来訪したインターネットユーザーに対して、当該ユーザーが離脱した(ページを離れた)後に、アドネットワーク上で広告訴求するサービスが「リマーケティング広告」です。

リマーケティング広告は、保有するウェブサイトに専用のタグを設置することで、「誰が来訪したのか」という情報を保持します。

ここでいう「誰」は、Cookieという仕組みによって特定されるようになっており、同一のCookie情報を保有したユーザーがアドネットワークに組み込まれているウェブサイトに訪問した際に、設定した広告を表示することが可能です。

ユーザーのターゲティング方法としては、

  • セミナー案内Aのページに来訪したことがある
  • セミナーの申込完了ページに一度も到達したことがない(A以外のセミナーにも申込みをしたことがない)

URLをベースにして、上記のように条件設定をすることができるようになっています。

そのため、一度ページから離れてしまったユーザーを独自設定した条件にあわせて引き戻しすることができるため、効率的に再集客が可能になります。


  • ページ探しに困ったら
  • メールで問い合わせ
  • 導入事例
  • 資料請求

今すぐ問い合わせをしたい方はこちら 03-6384-7434 10:00~17:00 土日祝お休み コールセンターにてご希望条件等をお伺いさせていただいたあとに弊社営業担当者より折り返しご連絡させて頂きます。