税務会計事務所のクライアント獲得を支援

  • トップ
  • サービス概要
  • マーケティングプラン
  • 施策メニュー
  • ご契約の流れ
  • FAQ

施策メニュー
KPI(Key Performance Indicator)

KPIは、Key Performance Indicatorの略で「重要業績指標」と訳されています。

KPIは、Key Performance Indicatorの略で「重要業績指標」と訳されています。

Webマーケティングにおいては、日々の数値や実施した施策において特定の指標を決めておき、その結果に応じて今後の対策を練ることになります。この特定の指標がkpiであり、つまるところKPIは「良い」「悪い」の判断をすると同時に、次なる改善を実施するための重要な要素であるともいうことができます。

しかしながら、ホームページは構築してしまえば目標達成...と考えている方も未だに少なくなく、いざ蓋を開けてみたものの予想していた結果に辿り着けることができず、TaxCloudにご相談頂くケース が増えています。KPIは、WEB上の施策から得られる数値をもとに、業績並びに経営に直結する判断材料を提供する”指標”です。

いまや、WEBサイト(ホームページ)を使った営業戦略は新たな集客の要といっても過言ではありません。投資したホームページであれば、そこから回収するために「何を得るために」という目的をきちんと設定して数値計測&改善できる体制を整えておくべきでしょう。

なんのためにKPIが必要なのか?

  • 施策結果の「良かった」「悪かった」の結果判定
  • 判定結果に基づく改善案策定
  • 実績数値の事業計画及び経営計画への反映
  • 前回捕捉した実績に基づく同様の施策への投下コストの検討
  • 投下コストに応じて得られる結果のリスト化(実施によりどのくらいの成果が得られるか机上で見込めるようになる)

KPIは、施策に対して「良い」「悪い」を判断するための指標であると先述した通りです。
しかしながら、それだけではあまりKPIの意味はありません。

なぜならば、その結果を元にして、【何につなげるのか】ということを考慮しなければならないからです。

例えば、広告キャンペーンを打ったことによって、

  • 広告費用:10万円
  • 年間顧客獲得数:100人
  • 顧客獲得単価:1,000円
  • 顧客1人あたりの売上単価:1万円

上記の結果が出たとします。この場合、顧客を獲得するには1,000円のコスト(獲得単価=CPA)がかかるものの、100万円(売上単価1万円×100人)の売上が見込めることになります。

もし、同一のキャンペーンを来年以降も展開するとなると、「20万円の広告費用を投下すれば、昨年の倍になるので、200人程度の顧客獲得と200万円の売上が見込めそう」...と計算できることになります。

至極あたりまえの計算かもしれませんが、上記は”昨年の広告キャンペーンを指標にした”ものであり、さらにこの結果から「顧客一人あたりの売上単価を1万円から1.5万円へのアップを目指す」といった指標を設定することができるようになります。
この指標(KPI)設定により、次年度の広告予算や売上の見込...といったものがたてやすくなることはいうまでもありません。
上記はWebの広告を一例にとりましたが、KPIを設定することは改善や予測がしやすくなる...という点からも必要ということができます。

KPIの設計・決定をするために必要となるものは?

KPIの設計・決定をするために必要となるものは?

KPIの設計は、まず最初に「目的」を設定する必要があります。WEBサイトは、とりあえず認知のために作ってみた...という場合以外は、どんなサイトであっても

  • 資料請求
  • 面談予約
  • 契約
  • 購入
  • お問い合わせ

上記のような企業側が「獲得したい目的」が必ず存在します。いわゆるリード(見込顧客)の獲得のためのコンバージョンポイント(CVP:Conversion Point)と言われるものですが、このCVPをどのような方法で設定し、かつ顧客からアプローチしてもらう際にどのような方法を用意するのか...また、アプローチしてもらった結果をどのようにWEBマーケティングツールを使って計測するのかといった検討が必要になります。

また、数値が計測でき捕捉できるようになった後には、レポートを作成する際に、どのような指標を取得して、相関関係のある他の数値とクロスをさせて集計、仮説をたてるのか...といった作業が必要になってきます。

こんな方にKPIはオススメです

  • WEBサイトに投下した資本に対してどのくらいの回収ができていたのか知りたい
  • WEBサイトを数値によって判断したうえで改善につなげたい
  • 目的をもってWEBサイトを構築したもののその後何もできていない
費用感 ヒアリング:4万円〜
サイト調査:5万円〜
cvp設計:4万円〜
レポート設計:4万円〜
レポート作成:8万円〜

よりよい「改善」のための標準指標を構築するお手伝いをいたします!

  • ページ探しに困ったら
  • メールで問い合わせ
  • 導入事例
  • 資料請求

今すぐ問い合わせをしたい方はこちら 03-6384-7434 10:00~17:00 土日祝お休み コールセンターにてご希望条件等をお伺いさせていただいたあとに弊社営業担当者より折り返しご連絡させて頂きます。