税務会計事務所のクライアント獲得を支援

  • トップ
  • サービス概要
  • マーケティングプラン
  • 施策メニュー
  • ご契約の流れ
  • FAQ

施策メニュー
SEO(Search Engine Optimization)

SEOはSearch Engine Optimizationの略で検索エンジン最適化と言われるものです。

インターネット上には、ホームページが数百億と存在しており、URLだけをたどって自分自身で目的のホームページに辿り着くことは不可能です。

そこで登場したのが、インターネット上に展開されている情報を整理してユーザーが想起したキーワードで情報検索ができる『検索エンジン』というサービスです。

”何かを探そう”とした場合、殆どの人はGoogleやYahoo!といった検索エンジンを使って知りたい情報を探します。GoogleやYhoo!は、インターネット上にある情報を整理しており、かつ重要度にあわせてランク付けをしています。

ランキングが上位のものは、検索された結果”上位”に表示されることになり、多くのユーザーの目に入る、またはその結果をクリックして実際のホームページの来訪につながる(流入ともいいます)ことになります。

SEO対策は、この”検索結果の上位に表示される”という目的のために行われる各種施策のことを言います。

SEOはなんのために必要なのか?

SEO対策は大前提として「インターネットの顧客流入は検索エンジンから」という考えが存在します。

検索エンジンからお客さんが流入する(数が多い)以上、検索エンジンにおける検索結果の上位に自分が保有するホームページが上位表示されなければなりません。つまり、SEO対策というものはインターネット上のホームページに来訪顧客を獲得するために「検索エンジン」に気に入ってもらうための間接的施策ということができます。

SEOには何が必要なのか?

検索エンジンの検索結果に上位表示されるためには、検索エンジンに「良いホームページ」と認定してもらう必要があります。

「良いホームページ」という表現では抽象的かもしれませんが、具体的に言ってしまえばGoogleなどの検索エンジンにとって”検索した人に紹介することで有益と評価してもらえるホームページ”ということができます。

GoogleやYahoo!もユーザーに対してサービスを提供する企業ですので、顧客満足度を上げる努力をしなければなりません。つまるところ、顧客にとって有益なホームページを提供できることは検索エンジン会社にとっては自社の評価につながるというわけです。

有益なホームページと評価されるための評価項目はおおまかに次のものがあります。

内部対策 外部対策
  • 充実したコンテンツ
  • 有益なコンテンツ
  • 第三者に評価されるコンテンツ
  • 来訪したユーザーが迷わないホームページ内の導線設計
  • 更新頻度
など
  • 自分が保有するホームページ以外からの評価
  • 話題にされているか

内部、外部をさらに細かく分類すると上図のようになりますが、端的に言ってしまえば上記のようになります。

気をつけなければいけない点

検索エンジンからの来訪ユーザー数を増やすことは可能ですが、ホームページの出来が悪いと来訪したユーザーはすぐにページを閉じてしまいます(「離脱」といいます)。
来訪後に、どのようなキャッチコピーで足をとめてもらい、かつそのユーザーが行きたいと想定できるページに 遷移させられるか、といった導線設計などの施策が必要です。
お金をかけてSEO対策をしたのに失敗した...という方は、「来訪後の顧客動向」を考えていなかったことが原因です。

こんな方にSEOはオススメです

  • ホームページを作ったものの来訪客がない
  • ホームページを作ったものの面談や受注などに一切つながっていない
  • ホームページをイチからマーケティング施策を含めてリニューアルの検討をしたい
  • 何がよくて何が問題なのか調査・分析して欲しい
費用感 簡易分析:5,000円
導線設計:
内部meta作成:

  • ページ探しに困ったら
  • メールで問い合わせ
  • 導入事例
  • 資料請求

今すぐ問い合わせをしたい方はこちら 03-6384-7434 10:00~17:00 土日祝お休み コールセンターにてご希望条件等をお伺いさせていただいたあとに弊社営業担当者より折り返しご連絡させて頂きます。