税務会計組織のWeb戦略をサポートする

TaxCloud関連用語集

RSS

クラウド

用語集トップ

従量制課金(Volume charging)

従量制課金(Volume charging)とは、課金方式の一種。特定のサービスの利用時間に応じて課金していく方式。また利用時間以外に、送受信されたデータ量に応じて課金する場合もある。

ITサービスの場合、「1時間につき○円」といった風にサービスの利用時間に合わせて料金が追加されていく。

クラウドコンピューティングにおける従量制課金はAmazon EC2などで採用されているが、日本では月額固定制のサービスが多い。