税務会計組織のWeb戦略をサポートする

TaxCloud関連用語集

RSS

CRM

用語集トップ

ハインリッヒの法則

ハインリッヒの法則(Heinrich's law)とは、労働災害の発生確率を表した経験則の一つ。「1:29:300の法則」、「(傷害)四角錐(ピラミッド)」などとも呼ばれる。
アメリカのハインリッヒ氏によって提唱された。現在は保険会社の経営などで利用されている。1つの重大事故(災害)の裏には、29件の軽い事故、さらにその背景に300件の軽い異常があるという法則。