税務会計組織のWeb戦略をサポートする

TaxCloud関連用語集

RSS

Web制作

用語集トップ

301リダイレクト

301リダイレクトとは、利用していたドメインを変更した場合に主にクローラー(Googleなどの検索エンジンがWebページ情報を収集するために使っているロボット)に通知するためのサーバ設定を言う。301リダイレクトを設定することは

●検索エンジン
●来訪ユーザー

の2者にとってメリットがある。

検索エンジンは、クロール結果に基いてWebページの情報をインデックスしているが、インデックスしたWebサイトのURLが変更されてしまった場合、「同一のもの」として認識することは難しい(人間であれば簡単ですが・・・)。

そこで、301リダイレクトを変更前の古いドメイン(URL)に移転先情報を設定することで、検索エンジンに移転先を認識させることができ、「過去に評価されたWebサイトの情報」をもったまま新ドメイン(URL)に移管することが可能になる。

来訪ユーザーについては、来訪することによって自動的に新URLにリダイレクトがかかるため、Webサイトを見失わずに閲覧が継続できる点がメリットである。

なお、301リダイレクトは「恒久的リダイレクト」と言われており、今後は新しいドメインでWebサイトが運営されることを宣言するものである。逆に、一時的な転送を行う場合には(ドメインの変更の有無を問わず)302リダイレクトの利用が推奨される。